Concert コンサート情報>アルフレッド・ハウゼ・タンゴ・オーケストラ
ticket
 

♪演奏予定曲目♪
◆碧空
◆ジェラシー
◆ラ・クンパルシータ
◆真珠採りのタンゴ 他

top
ggs   アルフレッド・ハウゼ
1921年、北ドイツのヴェストファーレン生まれ。10歳の頃からヴァイオリンを始め、16 歳の時に名高いワイマール音楽院で音楽教育を受ける。その後は音楽の勉強を続けるため、 そしてダンス音楽の経験を積むためにベルリンに移り、オットー・ドブリント楽団、ハンス・ ブント楽団、ヴィリー・シュタイナーの楽団などに参加して経験を積み、1942年に自身のオー ケストラを設立する。戦後にハンブルグの北ドイツ放送局に入り、1948年には現在のアルフレッド・ハウゼ・タンゴ・オーケストラを結成。彼のスタイルは、戦前に有名になっていたコンチネンタル・タンゴに独自のアレンジを取り入れたもので、ドイツからヨーロッパなどで広く知られるようになる。華麗で魅惑的なアレンジで「碧空」「真珠採りのタンゴ」などを演奏。これらの彼の代表作が後にコンチネンタル・タンゴのスタンダードとなる。 日本には1965年に初めて来日し、以後たびたび日本公演を行ったことで、レコードだけでなく、コンサートの演奏を通しても多くのファンを魅了する。今回のコンサートは2年ぶりの来日となり、指揮にはジャック・パウエル氏を迎え、アルフレッド・ハウゼのサウンドを忠実に再現いたします。新鮮な感動とタンゴの情熱を与えてくれる、コンチネンタル・タンゴの第一人者の華麗な演奏をお楽しみください。


image1
ggs2
ggs1