テイト・コーポレーションはWeduを応援しています。
エリーナ・ガランチャのチラシ

一般発売情報

受付期間 2022年4月28日(木)昼12:00から発売開始

■お電話とインターネットでのお申し込み
03-6379-3144(10:00~18:00)にて受付。
www.tate.jpにアクセスしていただき、「チケットのお申し込み」から
お申し込みください。
※席種によっては売り切れの場合があります。
※所定の決済手数料がかかります。
※受付初日は昼12:00から受付。

 

ご注意

※本公演は2020/5/23(土)、5/28(木)の振替公演です。
お手元のチケットはそのまま有効です。
※2020/5/23(土)公演を2022/6/29(水)に振替、
あるいは2020/5/28(木)公演を2022/6/28(火)に振替は致しかねますので
ご注意ください。
 

公演スケジュール

日時/開演時間会場チケットセンター・お問い合わせ料金
6月28日(火)
開演19:00
開場18:00
すみだトリフォニーホール
※2020年5/23(土)公演の振替公演
03-6379-3144
テイト・チケットセンター
【全席指定】
S席17,000円 A席15,000円
B席13,000円 C席11,000円
6月29日(水)
開演19:00
開場18:00
すみだトリフォニーホール
※2020年5/28(木)公演の振替公演
03-6379-3144
テイト・チケットセンター
【全席指定】
S席17,000円 A席15,000円
B席13,000円 C席11,000円
7月1日(金)
開演19:00
開場18:00
ザ・シンフォニーホール0570-200-888
キョードーインフォメーション
【全席指定】
SS席 ¥17,000 S席 ¥13,000
A席 ¥11,000 B席 ¥9,000

プロフィール

エリーナ・ガランチャのチラシプロフィール写真

【Elina Garanca エリーナ・ガランチャ】

なめらかで光沢がある上等な絹のような声を、繊細かつ大胆に織り上げる。
エリーナ・ガランチャは現代最高のメゾ・ソプラノの一人で、いまレパートリーにしている曲において、彼女の右に出る歌手は想像がつかない。  
技巧的な役もドラマティックな役も、極上の響きとやわらかさを失わずに軽々と歌いこなす。その上、舞台姿はこのうえなくエレガント。メトロポリタン歌劇場やウィーン国立歌劇場で、観る人の心を確実に奪い続けている。  
ラトヴィアの音楽一家に生まれたガランチャは、ソ連から独立する前の苦難のなかでハングリー精神を培い、生地の音楽院のほかウィーンやアメリカでも学んだ。1999年にキャリアを開始すると短期間で評価を確立し、2003年にウィーン国立歌劇場やザルツブルク音楽祭に抜擢されて以来、オペラ界の頂点を走り続けている。  
その歌はキャリア初期から本物だった。深くやわらかいモーツァルトも、軽やかで技巧的なロッシーニも、表現に隙も緩みもなかった。
声に深みを増し、十八番は《カルメン》のタイトルロール、《サムソンとデリラ》のデリラ、《ドン・カルロ》のエボリ公女、《カヴァッレリア・ルスティカーナ》のサントゥッツァなど、ドラマティックな役に移ったが、激しい感情や複雑な心理も、まろやかな深い響きで掘り下げる。完璧なテクニックに支えられた声が、理想的に成熟しているのだ。
キャリアの頂点に登りつめたいま実現する、久しぶりの来日。絶頂期のディーヴァを味わい尽くす、またとない機会である。
執筆:香原斗志(オペラ評論家) 写真:©Paul Schirnhofer/DG

エリーナ・ガランチャの写真1 エリーナ・ガランチャの写真3

その他プレイガイドでのお申し込み

プレイガイドお申し込み・お問い合わせ
ぴあ(Pコード / 213-514)
https://t.pia.jp/
ローソンチケット(Lコード / 35563)
http://l-tike.com/
e+(イープラス)http://eplus.jp/
ファミリーマート (直接購入)